大麻を知ろう

皆さんは大麻をご存知でしょうか?多くの人は危険なものと認識されているのではないのでしょうか?確かに危険性がないわけではありませんが、実はこれは堂々と大麻農家として栽培されているのはご存知でしょうか?そもそも大麻(ヘンプ)は古くから歴史があるもので、日本でも神話の時代から使われているのです。
また、昨今は医療用の大麻もありますし、神社の注連縄にもつかわれていますし、実は様々な用途で食べれますし、オイルになったり、洋服になったり、建物になったりと、実に多様なものになってくれる大切なものなのです。
ですから、今回紹介する麻の魔力と魅力というサイトなどでしっかり学んでほしいです。
勿論危険性があることは留意してくださいよ。

近年改めて注目の大麻(ヘンプ)素材

大麻(ヘンプ)素材つまり身近でいうと麻布の通気性が良く、丈夫です。
日本ではこの麻の素材を大昔は縄文時代から活用してきました。
栽培が容易で成長も早く加工も簡単な大麻(ヘンプ)素材。
人々は着衣や道具に活用することを考え加工技術も発達しました。
絹(シルク)に比べれば着心地も悪いですが丈夫さが必要な作業着や普段着としては申し分ない生地といえるでしょう。
しかし、この大麻というワードで連想されるのはダークなイメージ。
コカインという呼び名、一般的にいう薬物といったイメージです。
加工方法のひとつとして麻薬成分を含むものに仕上げることが可能であるというわけなのですが、すべてがそうであるというわけではありませんそして、日本では気象条件その他から、麻薬成分そのものが生成されることもほとんどないそうです。
近年では加工技術も発達して独特の肌触りが見直されてきた大麻(ヘンプ)素材ですが成長の速さや栽培の容易さ、二酸化炭素の吸収率など、その存在がエコロジーの一翼を担うのではないかと期待もされています。