医療大麻が病気を救う?!

大麻という言葉を聞くと、麻薬というイメージしかありませんよね?危険な薬物と教えられてきたから、人に使ってはいけないものなのだと認識していました。
ところが、医療大麻というものが存在するそうです。
使用されている地域はわずかですが、アメリカの一部の州・イギリス・スペイン・フィンランドなどでは処方されています。
何に効果があるのかを調べてみたら、ガンの薬物治療による副作用の軽減・エイズ患者の食欲増進・腰痛などへの効果が高いそうです。
医療に取り入れることで患者が救われるのであれば、大麻を見直す必要があるのではないだろうかと考えてしまいました。
間違った使い方をする人が多くいるので、日本では医療でも使用が認められていません。
しかし、大麻を使用することで楽になれる人がいるならば、取り扱いを厳重にして取り入れるべきなのではないでしょうか。

麻で作られた衣服などの特徴と利点について

麻製品というと、中には大麻を連想される方もいるかと思いますが、いわゆる薬物として取締りの対象になっているものとは違いますので、衣料品などの麻製品に危険性は全くありません。
麻の繊維で織られた衣服は、通気性が良いために、夏場の暑い時期に着る服によく用いられています。
古いもので言いますと、敷物のござにも麻が使われる事があります。
ただ麻100%の衣服の場合では、織り方に気を配らないと目が粗くなってしまいスケスケになってしまう事も。
また、肌の敏感な方では多少ゴワつき感が気になる場合もあります。
ですが、最近ではポリエステルや綿素材と組み合わせて、とても滑らかで肌触りの良い麻混紡の衣服、衣料品が多く出てきています。
湿度、温度共に高い日本の夏にはうってつけの繊維製品なので、麻独特のサラッとした部分を生かした衣服で快適に過ごしたいものです。