麻製品の歴史について

大麻は、漢方薬などにも用いられ、痛み止めやアレルギー、ぜんそくなどの予防に使用されており、戦前までは、この方法が多く用いられていたために、古くから効力の高い薬として用いられてきました。
古代において、大麻は、罪穢れを祓うなどの役割があるために、需要が高く、貴重な効力があるために、重宝されてきました。
また、衣服などにも、不燃性があり、丈夫な特徴を活かして、かなり重宝されていました。
また、日本においては、大麻(ヘンプ)は、貴重な医薬品として使用されてきました。
しかし、戦後において、麻薬などが出回り、危険性を回避するために、麻の栽培を規制するなどの法律が制定され、日本における麻製品が貴重なものになっています。

貴重な成分を含む麻のオイル

大麻、というとみなさん何を思い浮かべるでしょうか。
もしかすると麻薬、マリファナのような薬物のマイナスイメージがあるかもしれませんが、実のところ、大麻はヘンプとも呼ばれ、生活のさまざまな場面で有用なものでもあるのです。
大麻(ヘンプ)の実から搾取されるオイルはヘンプシードオイルと呼ばれています。
食用のほか、化粧用として美容オイル、アロマテラピーのキャリアオイルとしても利用されています。
ヘンプシードオイルは栄養が豊富でバランスがよく、またさらっとした性質でスキンケアにも使いやすいことから、注目度の高いオイルのひとつです。
ヘンプシードオイルは、限られた種類のオイルにのみ含まれるγリノレン酸を含む貴重なオイルでもあります。
γリノレン酸はアトピー性皮膚炎の症状を抑える効能があると言われています。